【無料】エロ漫画・人をダメにするちょいブスのネタバレと感想をレビューブログ

鎖につながれたぽっちゃり 。

その淫らな姿が男たちの劣情を煽る。

「や、嫌っ……ひ、あぁっ」

 

 

 

【人をダメにするちょいブス】

最終話

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

この漫画のネタバレ

 

芸能人のたまごだって自分で言っている22歳のモデルのことエッチしてしまいました。

 

もし売れたら私自慢できるかもって思って彼の体を隅々まで愛撫しつつ、ほくろの位置まで確認してしまいました。

 

 

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

彼、背が高くてがっしり体型のわりにあそこが細長くって伸びる感じ、フェラしていると、びろーんって伸びて面白くて伸ばしながらストロークしていると、彼の愛ぎ声がちょっと甲高くって、「あん、あああん、あっ」って、なんかお姉っぽいんですよね。

 

美形だからまあネタになるし許してあげようと思えたけど、普通の男ならキモかっただろうな。

 

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

そのあとも私の中に入ってきてから、あん、あんって喘ぎながら突いてきて、私の上でしかめている顔が美しくなかったらこんな声、鳥肌物だったけど、顔がいいと何でもよく見えてきて、その声もおかずにして私まで気持ちよくなってしまいました。終わった後、またしたいって2回戦。

 

持久力もあるんだなんて意外性にも驚けたし、とにかくスタイルがいいので明るい部屋でするのには申し分ないほどの体型でした。

 

二度目はないけど、印象に残ったセックスの3本の指には入るかな。

 

もし彼がほんとに活躍するようになったら、すっごくネタになるよね。

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

ローションを絡めた極太のバイブが、強引に突き入れられた。

玩具に翻弄され、細い肢体が震える。

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

この漫画のネタバレ

 

主人公が初めてラブホテルに行った時は相手も初ラブホテルの男性でした。

 

 

学生の頃から周りはラブホテルに行ってる子が数名いたので興味はありましたが、どの男性もら彼の家での性行為がほとんどだったのでラブホテルに行く事は学生の頃はありませんでした。

 

 

周りからの話を伺うだけでした。

 

 

割引のクーポンを友達からもらってもその時期に限って付き合ってる人自体いないとかもよくありました。

 

 

ラブホテルには縁がないとばかり思っていましたが高校を卒業し18歳で初ラブホテルに行きました。

 

 

お互い全く無知なのでドキドキしました。

 

 

彼も心はドキドキでラブホテルに向かう途中の車内でも、ラブホテルに着いてからお部屋までエレベーターに乗る時も彼の性器はもうすでに興奮していました。

 

 

車内で触らせられたので彼も楽しみなんだな。

と私も嬉しくなりました。

 

 

部屋に着くと私は色々部屋の中を見たかったのですが、彼は車内での運転中からもう既に性器が大きくなっていたので我慢わ抑え切れなくなったらしく、

 

 

着いたばかりなのにベッドに私を押し倒してシャワーを浴びる前に服と下着を一気に脱がされラブホテルの影響もあり、彼はいつも以上に私を攻めて私の陰部まで舐め「もうしていい?我慢の限界」と言われて彼の性器を私がいじることなく挿入されました。

 

 

彼は腰を激しく動かし数分でいってしまいました。

 

 

 

 

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

 

 

この漫画のあらすじ

 

当時バイトしていた時に仲良くなった同い年の女の子は、出会い系サイトを頻繁にやっていて出会い系サイトで知り合った男性と性行為をしている子でした。

 

 

同じ歳なのに凄い子だなとある意味で私は感心していました。

 

 

出会い系サイトは、危ないイメージが強いため私はサイト自体を開いたことがありませんでした。

 

 

友達は「だって普通に生活してると出会い自体ないし彼氏なんて作れない」とよく言っていました。

 

 

友達は出会い系サイトに慣れていき次第にその日会って性行為目的で相手に会ったりもしていたそうです。

 

 

そんな話から友達のすすめでその子が以前、出会い系サイトで知り合い一度だけ性行為をした人に再び連絡をして私に会わせようか?と出会い系サイトに少し興味があった私に提案したので軽い気持ちで承諾しました。

 

その5日後待ち合わせて会いました。

 

 

私はドキドキしました。

 

 

2歳年上の髪を明るめに染めた男性が車で迎えに来てくれました。

 

その人の住んでるアパートに着いてから気まずいながらもソファーで話てるうちに彼が隣に座りキスされ胸を揉んだり舐めたりされ一気にムードが変わりました。

 

彼が性器を私に手で触らせたので口に入れ舐めてあげたら凄く興奮してくれてそのままの流れで挿入され胸を舐めながら挿入を続けてくれて私はとても感じてしまいました。

 

その日初めて会った人とのドキドキした性行為でした。

 

 

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

 

 

 

この漫画の感想

これは、私がインターネットカフェで体験したエッチな話です。

 

 

ある日、私は、インターネットカフェに行きました。

 

 

そこには、たくさんのマンガとたくさんのパソコンがあります。

 

 

パソコンは開放的な場所と個室になっている場所があります。

 

個室にも大きさがあり、大きい個室と小さい個室があります。

 

私は、小さい個室に入りました。

 

私の背後は、大きい個室になっています。

 

個室といっても、完全に塞がれているわけではなくて、むしろ半分くらい見えます。

 

 

覗こうと思わなくても見えるくらいです。

 

すると、その大きい個室に誰かが入ってきました。

 

私は、ちらっと後ろを見てみました。

 

 

すると、女性のようです。

 

女性は、大きい個室にあるソファーに横になりました。

 

 

頭が向こうで、足がこちらを向いている状態。

 

 

スカートではないので、パンチラが見える可能性はゼロです。

 

といっても横になっている女性の下半身は見えます。

 

すると、女性がいきなり股間をかき始めました。

 

かゆかったんだと思います。そのうちに女性は、かくのをやめました。

 

 

それ以上、何もなかったので私は、前を向いて、ネットサーフィンを始めました。でも、何か気になったので、再び後ろを向いてみました。

 

 

すると、女性が二本指で何かをやっています。

 

ゆっくり、ゆっくり服の上から股間をいじっているのです。

 

 

おいおいやめなさい、丸見えですよ。

 

 

ゆっくり、ゆっくり、いじってます。

 

 

あまり速くやると、周りがシーンとしているので、音が聞こえるのです。

 

 

私も我慢できなくなって、ちんこをこすりました。

 

コスコスコスコス、そしてついに、「うっ…」イってしまいました

 

 

。服が汚れるので、私は足早にトイレに向かいました。

 

めったにない体験だったので、けっこう興奮しました。

エッチなあらすじでした。

 

 

【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓